別れの豆知識
  無料相談メールフォーム

無料相談メールフォーム

メールフォームからも
お問い合わせいただけます
24時間無料相談受付中

tel
別れたい
離婚させたい
離婚したい

知っておきたい。離婚慰謝料の相場はいくらなの?

知っておきたい。離婚慰謝料の相場はいくらなの?

離婚を考えるとき、気になるのは慰謝料や養育費などのお金のことではないでしょうか。離婚とお金は切っても切れない関係です。
誰しも未経験なことでありながら、かなり重要な問題。ちょっと整理してみましょう。
慰謝料は、子供の有無や婚姻年数など、家庭の状況によって違いが出てきます。
芸能人同士の離婚で「慰謝料ウン億円」というケースもありますがそれはあくまで特殊な場合。一般家庭の相場はおおむね200万円程度らしいです。

慰謝料=精神的苦痛×婚姻期間×経済状況

慰謝料=精神的苦痛×婚姻期間×経済状況

慰謝料とは、配偶者から受けた身体的・精神的苦痛を金銭によって償ってもらうための仕組みです。養育費や財産分与とは違うものです。
家庭ごとに事情が異なるので、どのケースにも便利に適用できる金額メニューのようなものはありません。各々が話し合いと調停で決めていくものです。
金額決定のポイントは【精神的苦痛×婚姻期間×経済状況】で計算されると思ってください。
慰謝料は夫婦のどちらからでも請求できますが、双方に浮気や暴力、不貞などの責任がある場合は「お互いさま」なので請求できません。

ありがちな場合別・慰謝料の金額

ありがちな場合別・慰謝料の金額

ありがちな場合に分けて慰謝料の金額を比べてみましょう。

  • 浮気などの決定的な理由なく、一方的に離婚を申し渡された場合:慰謝料50~100万円ほど
  • 主な離婚原因が浮気などの場合:慰謝料100~300万円ほど
  • DVなどの相手からの暴力が離婚原因の場合:慰謝料50~500万円ほど

いずれの場合も、結婚生活の期間、問題となった行為の期間、精神的・身体的な苦痛の程度、問題解決のために努力したかどうかによって大きく差がでます。
しかし全額もらえるかというと必ずしもそうではありません。現実では慰謝料が財産分与の中に含まれて、実際に大きな金額としてやりとりされることは少ないようです。

慰謝料がもらえない場合もあります!

慰謝料がもらえない場合もあります!

離婚となる場合、まずは夫婦間で慰謝料の額や支払い方法について話し合います。合意に至らなかった場合に家庭裁判所での協議離婚となります。
裁判では主張すべきことをきちんと述べないといけません。浮気や暴力の証拠となるものは用意しておきましょう。
注意しておくべきこととして、慰謝料がもらえない離婚原因があります。

  • いわゆる「性格の不一致」の場合
  • 有責責任の行為(浮気やDVなど)が双方にある場合
  • 家族との関係がよくないことで離婚するに至った場合
  • 夫婦関係が事実上破綻してから起こった不貞行為

こんな理由で離婚するときは「お互い様」となるので、一方的に請求したりされたりすることがないようにしましょう。

お問い合わせ

お問い合せは

0120-0783-49 0120-0783-49

24時間365日相談可能

↑PAGETOP