別れの豆知識
  無料相談メールフォーム

無料相談メールフォーム

メールフォームからも
お問い合わせいただけます
24時間無料相談受付中

tel
別れたい
離婚させたい
離婚したい

離婚したいなら覚えておくべき離婚する4つの段階

離婚したいなら覚えておくべき離婚する4つの段階

「好きになった人に彼氏や彼女がいる」という場合に、人は大きく分けて二種類の反応をします。
一つは諦めるというもので、もう一つはカップルを別れさせても手に入れるということでしょう。

別れさせ屋には「別れさせたい」という依頼が入ってくることがありますが、依頼するまでもなくあなたの動きによって別れさせることも可能です。

協議離婚とは、夫婦が離婚に合意して離婚届を提出することによって成立する離婚のことです。
どのような原因があって離婚することになるかなどは問われず、あくまでも二人の合意の上に成り立つものです。基本的に離婚を考えてから話し合いを行うと思いますが、この話し合いだけで離婚が済む場合のことです。
このため相手が同意してくれなかったり、話し合いが出来るような状況ではなかったりすると、協議離婚を成立させるのは難しいと言えます。
ちなみに現在、離婚される方の9割がこの協議離婚によって離婚しています。

調停離婚

調停離婚

調停離婚とは、家庭裁判所の調停によって成立する離婚のことです。

協議離婚が成立しない場合に行われるもので、当事者が家庭裁判所へ離婚の調停を申し立てるところから始まります。ただし、いきなり離婚のための裁判が行われることはなく、調停離婚が成立しなかった場合に限り、裁判が行われます。

調停は申し立てされた後に夫婦双方の主張を聞き、調査・証拠調べを行いながら話し合いを行い、裁判前に双方合意での解決を図ります。
合意が成立すると調停調書に記載され、確定判決と同じ効力を有するため、その場で離婚が成立します。

審判離婚

審判離婚

審判離婚とは、調停離婚でも合意が得られなかった場合に行われる裁判で、裁判官の審判によって離婚が成立することです。

双方の合意が得られない、意見に食い違いがあるなど調停が成立しない場合に行われるものですが、あまり行われることはありません。協議離婚で9割が成立しますし、調停まで進んでもほとんど離婚が成立しますから、確率的には1%程度でしょうか。

家庭裁判所で審判が言い渡された際は、2週間以内に異議申立てが行われると審判は効力を失います。こちらでもほとんどの方が納得されるので、異議申立てが行われることもほとんどありません。 審判がくだった後には10日以内に離婚届などを役所に提出します。

判決離婚

判決離婚

協議の段階で上手く行かず、家庭裁判所での調停や審判でもなお離婚成立に至らなかった場合、今度は本格的な裁判となります。この裁判において判決がくだされることになり、相手がどんなに離婚に応じる気がなくても判決によって強制的に離婚を成立させるものです。

判決離婚まで来れば裁判で勝訴するために証拠が必要となりますから、訴えた側は証拠を提出し、自分の意見の正当性を証明しなければなりません。必要であれば証人にも出廷してもらうこともあります。法的なものですから弁護士を雇わずに戦うということはまずありえません。

家庭裁判所での判決が不服であれば控訴して高等裁判所に、高等裁判所での判決が不服であれば上告して最高裁判所に、それぞれ訴えることが出来ます。 最高裁判所で判決がくだれば、それを覆すことは出来ません。

お問い合わせ

お問い合せは

0120-0783-49 0120-0783-49

24時間365日相談可能

↑PAGETOP